工場紹介

設備紹介

ロボドリル FANUC製

当社主力の加工機械であり、高速主軸のCNCサーボ軸送りにより機械の動作スピードが通常のマシニングセンターよりも早く、単純で数の多い加工は短時間で完了させることができ、コストを抑える事が可能となります。

当社では以下の5台を設置しております。

  • ROBODRILL α-T21iEL 700×400
  • ROBODRILL α-T21iFL 700×400
  • ROBODRILL α-T21iD 500×400
  • ROBODRILL D-21LiA5 700×400 × 2台

設計ソフト

当社では以下の設計ソフトを導入設置しております。弊社の業務内容に合わせて使い分けをしております。主に部品事業部では「Mastercam Mill 3D」を使っており、機械事業部では「SolidWorks Standard」と「AUTODESK AUTO CAD,LT2014」を使用しております。

  • SolidWorks Standard
  • Mastercam Mill 3D
  • AUTODESK AUTO CAD,LT2014

マシニングセンター

縦型マシニングセンターで主力のロボドリルが苦手な重切削をこなす事ができます。センタースルー機能も備わっており、径の大きな穴あけも短時間で効率的に行えます。

当社では以下の2台を設置しております。

  • GENOS M560-V 560×1050x460
  • MILLAC 511V 1000×500

NCフライス盤

BT50のNCフライス盤で補助機械として使用しております、NC制御なので円弧の加工等も簡単に行う事ができるうえ、手動運転もできるので汎用機のように手軽に使えます。

傾斜NC円テーブル

㈱北川鉄工所製のNC円テーブルはロボドリルに搭載して使用しております、使用方法の一番多いのは数の多い部品で縦穴等工程が多い物で、掴み替えが少なくなり、時間短縮と品質に大きく貢献できます。

  • TT182BF-01

3Dプリンター

オフィススペースに合う程のコンパクトサイズで簡単な操作で使用できます。フィルム転写という液状プラスチックの薄い層にマスクをかけて、紫外線を当てて造形する装置です。開発製品などの形状確認から機能テストまで幅広い用途に利用できます。機械事業部の仕様打合せなどで図面で説明するよりも立体サンプルで説明する方が非常に分かりやすく、クライアントにプレゼンできます。

  • ProJET1000

ワイヤーカット放電加工機

ワイヤー放電加工機はアーク放電という電気で金属を溶かし金属を加工します。金型材料などフライスで加工不可能であった焼入れ後の材料などを加工するのに適しており、ロボドリルで加工できないものや、時間のかかる加工を簡単にこなす事が可能となります。

  • ROBOCUT α-OID 370×270x255 1台
  • ROBOCUT α-C400iA 370×270x255 2台

刻印機

鉄・アルミ・銅・真鍮などの金属系やプラスチックや塩化ビニールなどの樹脂系、紙や木など様々なワーク材質にも幅広く適合するマーキング(刻印)装置です。また円筒形の外径にもマーキングが可能です。

工場紹介

動画でご紹介

工場内の写真